SATO.jpg

satoshohei.com START!!




= information =


0312:ブログ村 男のファッションアイテムPV 2位 入賞!!
0312:ブログ村 ストリートスナップPV 1位 入賞!!
0312:個人FACEBOOK PAGE 友達777人
0219:FB English PAGE MOVERS JAPAN 開設!!
0218:楽天オークション 大量投入 更新
0204:セール情報・一覧表 更新しました。
0204:Amazonコラボ。ポップアップストア 更新!!
0107:SeeSaaファッション 10位/263712中
1224:「愛用ショップリスト」追加更新!!
1207:Google+ フォロワー1900人
0731:「愛用ショップリストNo3」情報更新!!
0516:食べログ ガジェット 左側設置
0211:2014自転車日本一周プロジェクト始動!!
0117:「愛用ショップリスト2」情報更新!!
0111:Sumally 開始!!
1012:連絡先PCアドレス公開!!



花.jpg


ブログ内 注目ワード TOP100


2012年06月26日

1分で分かる個人輸入のススメ  その2「変えるには変わる 編」



K1.jpg



未だに浸透しきっていない"個人輸入"について、前回に引き続き記事を書いてみようと思います。知識人では決してありませんが、かれこれ1年以上はこの"個人輸入"を経験し、様々な体験の中で価値観を形成してきましたので、何かしらの参考になればと思います。今回は 今なんだ。得なんだ。恐くないんだ。 ということを特に訴えたいです。


続きを読む⇒
posted by shohei sato (しょへ) at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人輸入のススメ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

1分で分かる個人輸入のススメ




"1分で分かる個人輸入のススメ" 




00.jpg






今やネットを使えば、海外の商品も簡単に手に入ります。


日本は物価が高すぎます。


日本未入荷の商品が手に入ったり
半値以下
でモノが買える事もザラです。


僕は今海外のサイトで
少なくても20〜30
くらいは会員登録してます。


それだけ魅力があるからです。


転送サービスという輸入代行を行っている業者を経由ても、
それでも定価の半値近くでものが買えるのが現状です。


ブランドから直で買う事も増えました
セレクトショップ
代理店がいかにマージンをとっているか。


ひょっとしたら、こんなことを言う事はタブーなのかもしれませんが、
社会はあり得ないバランスで成り立ってるな…と感じます。



確かに品質保証やアフターサービスを考えると、日本で買う事が得策かもしれませんが、それでもバカバカしく感じる事も多いです。


例えばアパレルなどの場合、セレクトショップにある海外ブランドは海外で買おうが日本で買おうが基本的に品質は一緒ですし円高という事もあると思いますが、価格が倍くらい違うものもある。海外でセールになると4倍も8倍も変わってくる。店員時代に色々なブランドとの出会いもあったので、日本での定価購入はほとんどなくなりましたね。。

逆に、品質に差が出そうなものは、キチンと検討する必要があるかもしれませんね。



そんな僕も数ヶ月前から、色々と買い物してきましたが、まだまだ不安を感じるあなたのために、簡単に流れを説明します。


数ヶ月の実体験を元にお話するので全て事実です。しかしながら、何かあっても一切責任はとれませんので予めご了承を。








今回はとっかかりとして米アマゾンについて簡単に。



私自身、英語は全然得意でありませんし、
単語が何となく分かるくらいです。



なので、 1.Google 翻訳 を使います。


適当に検索すれば出てきますので、
これをツールバーに表示して下さい。



あとは、英語の画面が出た時にそのアイコンを押せば、
意味の分かる日本語訳が出てきます。

英語でなくても中国語、フランス語にイタリア語にドイツ語。
様々な国に対応してくれます。


無料ですし、そのくせ高性能で驚きですよ!

初心者は、というか簡単なオンラインショッピングなら翻訳にお金はかけなくて十分だと思います。

アマゾンは日本のカードも使えますし、
会計時に円での合計も出ます。


何より購入の流れが一緒なので安心でしょう。


名前の知ってるサイトなので安心でしょう。


会計時の為替が分かるように、2.為替サイトなども予めお気に入り登録しておくと便利ですよ。

後はアパレルの場合は3.サイズ表

これも国によって表記が異なるので、
不安な人は、"サイズ表"を適当に用意しておくと便利です。


DVDなどは、地域によってコードが違うので調べる必要があります。



日本のアマゾンとは別のアカウントが必要となりますが、これを登録すればフランスやイギリスのアマゾンでも使えます。


関税は一部かかるモノがありますが、
それも含めた合計が最終で出るので、

その金額を基準に購入を検討して下さい。


後は元々輸入できない商品があったり、ブランドが制限しているモノもあるので、都度検索してみて下さい。

毎回カード払いで支払っているので、4.VISAなどのクレジットカードがないと少々面倒かもしれませんね。

もう少し踏み込むと、ペイパルといった支払い機能や、その国で発行されたカードが無ければいけないケースもありますが、今回の米アマゾンの紹介では割愛。



他の海外オンラインショップにおいても基本的にGoogle翻訳があればなんとかなります。たまに翻訳中にエラーになったり、あとはテキスト化されていないものもあるので、その時は他のヤフーなりの翻訳機能を使えば何とかなります。



あまり無責任な事も言えませんが、信頼出来るサイトと判断出来れば、基本的な恐怖心は捨ててしまっても良いのではないかと思いますよ。言葉は何とかなります。


----------------------------------------

トラブルがあった時も数回ありました。


商品が届かない


破損してる。

偽ブランドサイトと分かってキャンセルを依頼した事もありました。


その際は、メールでのやり取りになります。


電話は一切使用しません。喋れないし…


日本語で文を作成し、それをyahoo翻訳に突っ込んで、そうすると英語の訳が出てきますので、それをもう一度コピーして日本語に直し、ちゃんと意味が伝わるのか判断します。

たまに意味の分からない訳になるので、言い回しを変えながら微調整をしてなんとかしています。

----------------------------------------

文法がどうとか気にしなくても、伝われば何とかなります。


形ではなく伝わるかが重要です。


あとは、日本語で対応してくれるカスタマーサービスが
あるサイトも増えてきていますし、その点では便利ですよね。


中には日本へは発送できない…というケースもあるので、頭にも述べた転送サービスをしてくれる日本語対応のサイトを見つけるのも一つですね。


反響があれば第二弾 個人輸入のススメ
記事書きたいと思いますので。^^






PCで閲覧の方は、サイドバーに米アマゾンの商品を載せているので、まずは日本の価格と比較して見て下さい。後は色々と試しに調べてみて下さいね。


まずは、やってみることです。



成長も成果も、その先にあります。






気楽にポジティブに、一度飛び込んでみて下さい。


Amazon.com


幸運を祈ります。
IMGP6935.JPG










posted by shohei sato (しょへ) at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人輸入のススメ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする